ガキ使で ”浜ちゃんの黒人扮装” が人種差別に当たると大炎上!!

昨年の大晦日に放送されたバラエティ番組でダウンタウンの浜田 雅功が黒人に扮したところ、人種差別に当たるとして、大炎上しました。

でもそれって本当に笑ってはいけない事なのでしょうか…。

問題の番組は「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」で2003年から続く特番です。しかも紅白歌合戦の裏番組にもかかわらず、17.3%と高い視聴率を出しています。

問題となっているのは、浜田雅功(54)が米国映画「ビバリーヒルズ・コップ」の主演、エディ・マーフィーに扮して登場した際に、顔に黒塗りをしていたことが炎上の火種となっています。

浜田雅功が変装するのは毎年恒例となっていますが、今回はテーマが ”ポリス” ということで人気映画の物まねをしただけという事でした。悪意がないのは明らかです。

しかし、放映3日後に、朝日新聞系のハフポスト日本版というネットニュースが、”ブラックフェイス(黒塗り)は問題だ” とする在日アフリカ系米国人のTwitterを引用して問題提訴しました。

すると…その記事を海外メディアも取り上げ、騒ぎは拡大しました。

騒動は2週間経っても収まらず、相方の松本人志(54)が出演する番組「ワイドナショー」では…

松本人志…「これに関しては、言いたいことはあるけど、もう面倒くさいので浜田が悪いでいいです。あいつを干しましょう」

東野幸治…「浜田さんもやらされてるんですよ。どっちかいうたら。更衣室入ったらこれがあったから…」

松本人志…「でも、断らなかったあいつが悪い」

と発言し笑いをとりました。

スポンサーリンク

しかし、このような事は人種差別となるのでしょうか…。

アメリカでは1800年代以降に、顔を黒く塗った白人が、黒人役を演じる「ミンストレル・ショー」が人気を博したが、「人種差別的だ」とされました。いまでは ”差別だ” という評価が定着しています。

「黒塗りをしないのは世界の常識」となっていますが、黒塗りに過剰反応するのは、かつて奴隷貿易で黒人を差別してきたアメリカ人だけです。そのような歴史を抱えるアメリカの価値観を黒人差別の存在しない日本に当てはめるのは無理があるのではないかと思ってしまいます。

戦国時代の織田信長の黒人従者(彌助<やすけ>)を日本人は誰も差別しなかったように、そもそも日本にはアメリカのような黒人差別の歴史がないのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする